ランディングページでスライダー画像を無限ループさせる効果

スクロールしながらページを閲覧するのが特徴です。
ランディングページには特定ユーザーを集客出来るなど企業ホームページとは違った効果を得る事が出来る魅力を持ちます。
企業ホームページの場合は、色々な属性を持つユーザーが訪れます。
例えば、化粧品メーカーのホームページには女性が多く訪問する、しかし、年齢層と言うと、20代の若い女性が訪れる事もありますし、40代や50代などの年齢の女性が訪問する事もあります。
売りたい化粧品が20代女性向けの場合や40代~50代女性向けの場合、ランディングページはそれぞれのユーザーに最適化された情報だけを掲載して集客が出来るメリットを持っています。

ランディングページに動きを付ける事で注目を集めやすくします。
ランディングページは最初に表示が行われた場所は文字が大きく、スクロールをしながらページを閲覧する仕組みになっているケースが多くあります。
企業ホームページのようなサイトマップはありませんし、他ページへのリンクも少なく、問い合わせフォームへのリンク、商品購入フォームへのリンクが設けられている程度です。
他ページへのリンクは本体のウェブサイトに繋がるもので、ランディングページは動きが殆どないなどの特徴を持ちます。
最近は、スッキリとした構成を保ちつつ、賑やかさを演出するスライダーを用いた手法に注目が集まっています。
横一列に並んだ画像が複数あり、画像がループを繰り返すのがスライダーの特徴です。
スライダーに加えて、画像をクリックした際に、画像が拡大して表示され、吹き出しが現れるフェードインやフェードアウトなど、化粧品を購入したお客さんの感想などを吹き出しに記載しておく事で簡易的な口コミとして利用する事も出来ます。

動的なページは売れるランディングページにも繋がります。
スライダーやフェードイン、フェードアウトは従来のランディングページを動的なページに変える手法の一つです。
化粧品のHPの実績を多く持つ制作会社などでは、こうした動的なページへの提案をしてくれます。
スクロール位置に応じて、画像をスライド表示するページ、スクロール位置に応じて、ランディングページのトップに戻るためのアイコンを表示する機能など、スクロールバーを動かさないとページの移動などが出来なかったものに、動的なアクションを加える事が出来るようになるなど、動きを単調なページに追加する事で話題性を呼び、集客効果を高めるページ作りが実現します