ランディングページにおけるseo対策

ランディングページは、商品購入やサービス利用に特化した1枚型のサイトなので、読み手に対して1対1の会話のような親密感を持って、情報提供することが大切です。また単に情報を羅列するのではなく、読み手のトラブルや悩みに共感を示し、解決策を提示するという形式でコンテンツを作成すると効果的です。その意味では、ランディングページは、優秀な営業マンとも言えます。しかも紹介文を読ませる順番も決めることができるので、通常のホームページより、即購入に結び付きやすいのが特徴です。

ただしどれだけ優れた営業トークを展開しても、閲覧数が少ないと売り上げを伸ばせません。そのためseo対策を行い、少しでも多くの集客をすることが必須です。seoは難しいというイメージもありますが、基本的な知識を知っておけば、素人でもある程度の対策ができます。まず大切なことは、文字数を増やすことです。ランディングページはシンプルな方が、コンバージョンボタンのクリック率も上がりますが、必要なテキストまで削ってしまうと、seo対策としてはよくありません。検索結果で上位を目指すには、ヒットされやすいワードを豊富に入れる必要があります。その上で、読み手を飽きさせない工夫が大切です。また、ランディングページでは他のサイトへのリンクを貼らず、コンバージョンまでスムーズに流れる形式が好まれます。ただし多少は他の商品と比較できる方が、購買欲も高まります。関連した商品の紹介も適宜入れると、読み手に選択するゆとりが生まれ、結果としてコンバージョン率もアップします。その際、他の商品名を入れることで、seo的には、検索にヒットする言葉が増えることになります。

その他、最近はスマートフォンの利用者が急増しているため、スマートフォン向けのランディングページも需要があります。それにはスマートフォンの画面に合わせて、文字のフォントを大きくし、文字数を少なくします。seoとしてはある程度の文字数は必要ですが、閲覧者のストレスにならないようにテキストの長さを削ります。その分、改行を多くして、空白部分を多めに作るようにします。画像やアクションボタンもスマートフォン向けのサイズに修正し、伝えたいことを強調するようにすると良いです。また、スマートフォンは横長のPC画面と違って縦長の長方形で、表示面積も小さいため、ランディングページのレイアウトもそれに合わせることが必要です。