ランディングページの制作時間はどのくらい掛かるものか

ランディングページは商品紹介やサービス紹介で利用されるウェブページです。企業ホームページとは異なり、ページ内で紹介するものは商品やサービスのみで、会社の沿革やアピール、事業所などの情報は網羅してありません。これはそれぞれのウェブページには目的が異なるなどの意味もあります。ランディングページは長手のページで、スクロールしながら内容を閲覧する形になります。企業ホームページの場合は、それぞれのカテゴリー毎に構成が分かれている、メニューから目的のウェブページを選択して閲覧するなどの違いがあります。企業ホームページ内にはそれぞれのページへのリンクも設けられていますし、サイトマップなどの専用ウェブページもあるので、制作時間はランディングページの方が短くなります。

ランディングページは検索結果のページに表示が行われた広告リンクをクリックした時に、最初にユーザーが訪問するウェブページになります。本体のウェブサイトに誘導するなどの目的で、企業が利用しているのがランディングページになる事からも、ページ内で商品やサービスの魅力をユーザーに伝えなければなりません。長手のページの中には文章がぎっしりと詰まっている、同じような内容が繰り返し行われている、ポイントがどこにあるのか分かりにくいなどでは、訪れたユーザーは途中まで読んで、ページを閉じてしまう事にもなりかねません。実績を持つ制作会社に依頼する事が、ユーザーが最後まで読んでくれる効果に繋がりますし、経験はノウハウへと繋がり、実績ある制作会社は訴求力を持つウェブページ作りが出来るメリットを持っています。

訴求力は購入意欲を高めるなどの意味を持ちますが、商品を紹介している、魅力あるサービスを紹介しているウェブページは訴求力が求められる事、そして企業ホームページも訴求力は重要ではありますが、企業アピールや宣伝など、アピールするもの自体が異なるため、制作時間についても企業ホームページよりも短い時間の中で制作を行う事が出来ます。尚、ランディングページの中で商品を紹介している場合には、商品の写真撮影が必要になります。サービスを紹介している場合も写真が必要になる事もありますし、サービスをより分かりやすく伝えるためのイラスト制作や漫画制作など、ランディングページ独自に利用するコンテンツ制作が必要になって来るため、制作時間としては2週間から1か月などを目安に考えておくと良いでしょう。