スマホ向けランディングページの成功事例

スマホユーザーの急増に伴い、通販のHPのスマホ表示の需要が高まっています。しかし若い世代は特に、スピーディーに検索を行うため、少しでも見にくい画面は離脱される傾向にあります。通販サイトの場合は、ランディングページで離脱されると売り上げが減るため、ユーザーの利便性を考慮したページ作りが先決です。特にスマホは画面が小さいため、テキスト部分を縮小し、文字サイズもPC版より大きめに作る必要があります。またスマホ版では必要に応じてアコーディオン式の部分を作り、読み手の見やすさを工夫すると効果的です。

成功事例としては、「ランディングページ集めました」というタイトルのサイトに様々なスマホ向けランディングページが集められています。更新頻度が高いため、最新の情報を入手できます。特に、リアルタイムで有効しているサイトデザインを見ることが可能です。紹介されている商品は、ファッションや美容、家電製品やインテリア、金融など、様々な分野のランディングページを閲覧できます。次に成功事例を見ることができるサイトが、「LANDINGPAGE BOOKMARKSMARTPHONE」です。個々のランディングページを大きめに表示してあり、それぞれのランディングページのファーストビューをスムーズに確認できます。ただし健康や美容系の分野が多く、男性向けのサービス紹介は少なめになっています。

その他、BtoB関連の企業ではPC版の閲覧者が8割を占めていますが、BtoCの場合は5割以上がスマートフォンからの訪問者になっています。ターゲット層の年齢や商品によってもデバイスは異なるため、PC版とスマホ版のどちらも用意しておくことが、求められます。尚、ランディングページをレスポンシブで作ると、デザインや情報量が制限されます。そのため、せっかくのランディングページが効果を発揮できなくなることが多いため、スマートフォン向けを独自に制作することが望ましいです。その際、PC版よりコンテンツを短くすると効果的です。スマートフォンでは、PC版のコンテンツの30%程度を読むと離脱することが報告されています。改行を多めに行い、できるだけシンプルな作りにすることが成功する秘訣です。また年齢にもよりますが、男性より女性の方が、スマートフォンの利用が多いことがわかっています。そのことも踏まえて、LP制作ではターゲットに合わせた情報発信が大切です。