ランディングページに期待される商品や素材の説明

優秀な営業マンは飛び込み営業の時でさえ、商材やサービスの話を中々しません。大抵の場合世間話程度の話題の中で、応対してくれる担当者の態度などから性格やタイプを見極めていきます。優秀な営業マンは訪問した顧客がすでに他社の製品を使っているの見ても、絶対にそれをけなしたり自社製品と比較したりしません。優秀な営業マンは自分が販売体制に入ると顧客が身構えるのがわかっているからです。そして、優秀な営業マンの営業姿勢は必ず問題定義から入っていきます。そして顧客側が困っていることや悩みを導き出すのです。そこから本当の営業が始まります。提案力のある営業マンは常に優秀な成果を上げているはずです。

ランディングページの大部分は見た目のインパクトと商品説明がどれだけ詳細に書かれているか、場合により異なりますが、商品の説明だけのページはほとんどの確率で離脱率は高くなります。いくら解像度のよいきれいで鮮明な素材を使っていたとしても、関心のないものは全く関心を示さないのがサイト訪問者の心理です。自分が何を売りたいのか、と考えるより先に、まず人はなぜ物を買うのか、ということを考えてみる必要があります。人が興味を示すのは困っていることや悩みに関して、もしかしたら問題が解決できるかもしれないという期待を常に持っているからです。ランディングページに関しても、いくらデザイン性が優れていてもいきなり会社説明や実績の話をされても、読んでいるほうにとって必要のない文章を目にするのは時間の無駄でしかありません。売れる営業マンが問題解決型の提案を進めるように、最初に閲覧者の興味を引きそうな悩みや問題提起から書き出してみるのが、効果的な内容に繋がっていきます。

ランディングページには高いデザイン性を求められることもありますが、重要な素材は商品やサービスです。問題提起後の情報は実績や利移用者の声など、実際の商品やサービスを付け足すのも効果が期待できますが、利用者の声などは閲覧者により省略したい部分でもあるので、タイトルだけを紹介して後はきょう海がある分だけを閲覧できるようにするなどの工夫があれば、ページの最後まで通読していもらえる可能性が高まります。最終的にはコンバージョンを期待してしまうランディングページですが、残念ながらそうならなくても、メールマガジンやその他情報などを登録できるような仕掛けを作り、見込み客としての確保も大事なことになります。売れない営業マンほどクロージングを焦りがちですが、売れる営業マンのように常にクロージングできるタイミングをコントロールできるように、購入ボタンを配置するのもひとつの方法かもしれません。