ランディングページ制作ソフトを選ぶには

ランディングページを制作するソフトを見つけ出そうとしている場合は、外部のウェブ製作会社に発注をしないで制作費用をかけずに制作したいと感じている場合がほとんどです。自分で制作できるようになることによって、費用がかからなくなるだけでなく、ビジネスの幅を広げることができます。取り扱う商品やサービスに応じた、自分のしっかりとしたメッセージを訴えかけることが可能になるためです。

ランディングページの制作を外部のウェブ製作会社に発注すると、相場でおよそ10万円から20万円ぐらい、安い場合でも、およそ5万円ぐらいの費用が発生することになります。そして、売上を上げられるランディングページについての知識がないと仮に外部に発注するとしても、打ち合わせのときに意見を対等に交わすことができなくなってしまいます。そのため、ランディングページを自分で制作することができる技術を身につけることが必要となります。自分でランディングページを制作するソフトを探すときに大切なことが、専門的な知識を必要としないものを選ぶということになります。専門の言語を使う必要があるソフトを選んでしまうと、習得するまでが苦痛となり、分からないことを調べてる間にあっというまに時間が経ってしまいます。ですので、まずは専門の言語など知識がなくても、自分が持っているイメージを簡単に形にすることができるようなソフトを選ぶ必要があります。

ランディングページの反響を高めるためには、修正を何度も積み重ねる必要があります。AパターンとBパターンで反響の良さを比較していくABテストを繰り返すことによって対象となる商品やサービスの売上に繋げていく訳です。ヘッダーの画像を変更してみたり、1行だけのキャッチコピーを訂正したり、セールスコピーについては句読点の場所を変更しただけでも反響が異なることがありますので修正を何度も繰り返すという業務のプロセスが必要となってきます。しかし、制作を外部に発注した場合は、1回か、2回ぐらいの修正には追加費用なしで対応してくれることもありますが、それ以上の細かい修正には追加費用を支払わないと対応してくれません。そのため、ランディングページの反響が最大限に高めるためには、制作ソフトを利用して自分で修正を何度も繰り返すことが欠かせない作業となってきます。そのため、変更がしやすいランディングページ制作ソフトを選ぶ必要があります。