ランディングページのソースを調査する

ランディングページは着地ページです。
リスティング広告は検索結果ページ上に表示が行われるネット広告です。
広告には広告のタイトル、サイトURL、そして広告文が表示されます。
サイトURLはアクセスする時に利用するものであり、ユーザーは広告タイトルと広告文を読んで、興味を持つ場合にはリスティング広告をクリックして、ウェブページへのアクセス行動を行います。
一般的に表示が行われているネット広告とは違い、検索キーワードに関係している広告だけが表示されるため、ユーザーのクリック率が高くなります。
クリック率が上がる分、サイトアクセス数が増えて、最終的に商品購入や問い合わせ、サービス利用などの行動を行って貰えるようになるわけです。
このウェブページの事をランディングページと呼びますが、リスティング広告をクリックした時の着地ページです。

SEOとLPOの違いについて。
SEOやLPOなどのワードを目にした、聞いた事がある人は多いかと思われますが、SEOはアクセス数を増やす目的、LPOはコンバージョン率を上げる目的がそれぞれにあります。
ちなみに、LPOのLPはランディングページの略語で、Oは最適化を意味しています。
コンバージョン率はウェブサイトの目標達数を、最初の段階に入った数値で割った割合で、コンバージョン率を上げるための工夫が売り上げ増や問い合わせ数を増やすポイントになります。
ランディングページはウェブページと同じく、ブラウザでソース表示を行う事が可能で、コンバージョン率を上げるための対策は、ソース表示を行い、問題点を抽出してHTMLの改善を図る事が手段になります。

結果が出るHPと制作について。
ランディングページはリスティング広告からの誘導サイトであり、リスティング広告の改善とランディングページの改善が必要になります。
リスティング広告は検索ワードに連動しているため、出現率を調査して、出現度合いが高いキーワードを調べる、リスティング広告のクリック率を調査して、ユーザーがクリックしてくれる広告文を作り上げるなどが必要です。
ランディングページはリスティング広告をクリックして表示が行われるウェブページになるので、このページの中でユーザーに対し訴求力を与えるコンテンツ制作が必要です。
これらを含めてLPO対策と言いますが、結果が出るようにするためには数回のテストや調査を繰り返しながら、出現率、クリック率、そしてコンバージョン率を上げる事が出来るようになるわけです。