ランディングページで訴求力の高い記事を作る

閲覧者が興味のあるタイトルであれば、見た目が少し貧弱なバナーでもクリックされる可能性は高いです。興味のないものはどのような派手に装飾されたバナーでも、閲覧者にクリックされることは皆無です。閲覧者のほとんどは自分の興味の対象や解決したい悩みや問題点を解決する糸口を探すためにネットサーフィンを繰り返します。情報を探し回り興味のある記事やサイトを見つけたとして、閲覧者がその記事やサイトにとどまることはほぼありません。内容に興味を持ったからといって、初見の閲覧者がそのサイトのファンになるかというと、そうではありません。閲覧者はたくさんの失敗や比較をすることによって、閲覧者はメルマガ登録などを経て見込み客になり、さらに情報の信頼度や問題の解決の手助けになることを確認したうえで、ついに購入者になります。

ランディングページの訴求力の大部分は見た目が肝心です。ファーストインスピレーションは閲覧者との出会いの大事なポイントになります。どんなに優れた営業マンも目立たなくてはだめです、初対面のインパクトは後々のお付き合いを決定づける、大事な糸口になるからです。ランディングページも見た目のデザインやタイトルに気を配ることで、たとえ最初の記事が閲覧者の希望にそわなかったとしても、最初の記事の画像データやタイトルが印象に残っているなら、何かにつけて他のサイトから比較のために訪問してくれるはずです。その後次々に記事を掲載することによって、そのページが訴求力を発揮し始めるかもしれません。

いろいろな悩みを抱えたユーザーが最初から情報を鵜呑みにしたり信用することはまずありません。何の素性もわからない会社のサイトや記事が信用できないのは、ユーザー自身が一番心得ているからです。実際の営業も飛び込み営業から徐々に信用を勝ち取り、得意先ユーザーが増えていくわけです。優れたランディングページには人目を引き付ける魅力があり、期待感が見え隠れし、脳裏に刻まれていきます。心理的に最初に目に触れたものというのは、いつまでも頭の片隅に残るものです。検索ワードの順位に意味があるとしたら、文章の端々に流行りのキーワードをちりばめたりして、上位に表示されるような努力も必要になります。ランディングページには閲覧者を途中で離脱させない工夫が必要です。見た目のインパクトを保ちながら訴求力のあるランディングページを制作するには、常に閲覧者の立場に立った記事作成を心がけていく必要があります。