ランディングページにソーシャルボタンを設けることの意義

ランディングページとは、訪問者が最初に目にするページのことで、LPとも呼ばれています。
記事の内容や質に限らず、Webサイトそのものに対する印象や評価は、ランディングページによって決まると言っても過言ではありません。しかし、お気に入りから訪れるリピーターは別として、検索サイト経由の訪問者に関しては、どのページに最初に訪れるかは予測がつきません。アクセス数の多い人気記事がランディングページとなる可能性が高いものの、全てのページに適切なSEO対策を講じる必要があります。
かつてはトップページのみにフィード登録用のアイコンを設置するだけでも問題ありませんでしたが、現在は気に入った記事を読者がすぐに個人のお気に入りとして登録できるよう、個々の記事にソーシャルボタンのアイコンを設置するのが一般的です。

ソーシャルボタンは、Facebookやtwitterなどソーシャルメディアとの情報の入出力を容易にするもので、クリック一つでお気に入りに登録してシェアしたり、ツイートすることが可能となります。特定の記事だけにソーシャルボタンを設けてしまうと、ユーザーによっては記事を気に入ったとしても登録できないといった現象が発生し、アクセスの機会を失ってしまいます。このため、プライバシーポリシーに関して記述しているページや、あまり重要ではないページ以外のインデックスを許可しているページに関しては、どの記事がランディングページとなっても問題ないようソーシャルボタンを設置するのが基本です。

通販サイトに関しては、ランディングページはより重要になります。一般のWebサイトと違い、通販サイトの場合は広告を経由して一つのランディングページへとアクセスが集約されるため、通販のHPと実績は密接に関連してきます。
ランディングページだけでいかに商品価値を宣伝できるかがポイントになると同時に、ソーシャルボタンにより気軽にシェアできるようにしておくことも大切です。一部の人にシェアされることは記事の拡散へと繋がり、記事の内容が一定のレベルに達していれば、更に多くの人にシェアされることとなります。成約率が高くても、記事のPVが低ければ全体的な売り上げはさほど見込めない一方、アクセス数が多ければ、成約率が低くても売り上げは大きくなります。
このため、記事の内容よりはむしろ記事をどう広めるかがポイントとなり、ソーシャルボタンを設けることのメリットは、売り上げ拡大への第一歩となります。