ランディングページを制作会社に依頼した際の費用相場

今話題のホームページと費用の関係性ですが、多くの方が高い費用を支払うほどに、成果の上がるランディングページが制作出来ると考えているようです。
しかし、実は一切費用を発生させずとも、成果の上がるランディングページを制作する事も不可能ではありません。
この場合は、無料ツールを活用し、制作会社に依頼せず、自社で一から作成する事になります。
無料ツールは専門的な知識がなくとも利用出来るものが多いので、必要になるのはマーケティングの知識と言えるでしょう。
ただし、ランディングページはインターネットにおける営業マンと考える事が出来ます。
その為、普段営業マンとして働いている方のスキルやキャリアを上手く活用すれば、マーケティングの知識があまりなくとも、成果の上がるランディングページを制作する事も出来るでしょう。

では、専門の制作会社に依頼した場合の気になる費用は、どのくらいかかるのでしょうか。
一般的に、自社でどこまで準備が出来るかによって、費用は変化します。
例えば、キャッチコピーやセールスコピー、画像などを一切準備出来ず、一から制作を依頼する場合、費用は高額となり、およそ20万円以上になると言われているほどです。
しかし、キャッチコピーなどを準備出来るのであれば、およそ8万円から10万円まで費用を抑える事が出来ます。
営業マンであれば、商品やサービスの特徴をしっかりと把握しており、売り出すポイントも把握している事でしょう。
この売り出すポイントを、わかりやすい言葉にまとめれば、キャッチコピーは完成します。
このように、ランディングページを営業マンと考えて行けば、ランディングページの制作にかかる費用を抑える事に繋がります。
そして、キャッチコピーだけでなく、商品やサービスの説明、画像、レイアウト図などを準備する事が出来れば、およそ5万円程度で、成果の上がるランディングページが完成します。

このように、自社で準備出来るものが多ければ多いほど、ランディングページの制作にかかる費用は安くなります。
その為、制作会社に依頼する前に1度、商品やサービスの販売を日頃から行っている営業マンに、どのような説明を顧客に行っているのかなどを、聞き取り調査しましょう。
そして、聞き取り調査のデータを元に、キャッチコピーや商品やサービスの説明文を用意する事は、決して難しい事ではないはずです。
出来るだけ費用を抑えて制作したいと考えるのであれば、準備を入念に行いましょう。