ランディングページ作成のセオリーが訴求力を決める

ランディングページはただ作成するしてインターネット上に表示しておけば、自然にコンバージョン率が上がり、クライアント商品が売れるというわけでは決してありません。まず、インターネットユーザーの特徴は、ひと昔と大きく異なっています。HPとスマホ表示の関係について考えてみると、自宅に帰宅してからおもむろにPC画面を開いてわざわざネットに繋ぐ購買層は激減しています。自宅にPCがあったとしても、スマホで寝転びながらショッピングを行うといく購買行動が、セグメントのセオリーなのです。

ということは、ランディングページの構成もスマホ向けになっていないとセグメントから見向きされないということになり、細かい文字やデザインでよ様々なクリックポイントを設けておば、セグメントが自然にクリックをするわけではないのです。

まず、セオリーとしては、キャッチコピーにどれだけの訴求力があるかということです。このランディングページはぜひ興味を持ってその先を読んでみたいという、競合他社とは一線を画したキャッチコピーが必要になります。メインコピー、サブコピー、そして写真、デザインが差をつけるのです。さて、こういったランディングがセグメントにどれだけ興味を持たれるかについては、セグメントの共感性を刺激することが大切になります。あまりにもセグメントのニーズとかけ離れているランディングページは、魅力に欠けます。技術だけにとらわれているLPより、セグメントを惹きつけるのは、共感、同調の部分なのです。

そこでやっと商品のオファーが始まります。初めから売り込もうというLPは、セグメントからは、敬遠されることにもなりかねません。この商品を購買すると、セグメントにはどんなメリットがあるのか、そしてその商品の魅力と価格は適正か、セグメントは初めて情報に触れて、購買行動を行うかどうかを検討するのです。そこでよく使われているのが、同一商品を使用した他のお客様の生の声や感想です。こういった、素人でありながら商品を購入し、どんなメリットが得られたかという他のセグメントの感想はセグメントの心を動かします。ここで、その商品は競合他社と比べてどんな長所があるのかということについて触れておくことは効果的です。競合他社ではただ安いだけの商品を販売している場合があります。そうすると安いだけの他社に購買層は流れてしまいます。そこで他社とのはっきりとした差別化をしておく必要があるのです。

以上、ランディングページ作成には様々なセオリーがあります。効果的なLP作成がりえきに直結しているのです。