ランディングページ作成における素材集の活用

見た目のよいランディングページは既読率につながる重要な要素のひとつです。素材集などを活用してホームページのデザイン性を高めるのは、サイト自体のイメージアップにつながり、見た目の印象に閲覧者が親近感を覚える可能性も高くなります。身だしなみに常に気を遣う営業マンが髪型を変えたり、変わったイメージの服装にしてみることで、雰囲気はがらりと変わるかもしれませんが、あまりにもイメージとかけ離れているのも考えものです。ランディングページの装飾も全体のイメージを損なわないようなデザインを心掛ける必要があります。素材集を活用するにしても、見て紛らわしくなく、読んでいて邪魔にならいものを選択するようにします。

ランディングページの既読率や成約率を高めるためには、アイコンやアイキャッチ画像などの素材にも気を配ることが大切です。ページにはそれぞれテーマがあり、文字ばかりの情報の中に関連した画像があることで、イメージが描きやすくなる効果があります。そのページが旅行に関してのページで、内容が飛行機関連であれば、画像は戦闘機よりも旅客機のほうがイメージがつかみやすいのに似ています。ランディングページのキャッチコピーの部分などは、ロゴ画像にすることでよりインパクトは増しますが、フォントのスタイルには見やすい物を使い、読みにくいものは避けたほうが無難です。素材集の中にもサイト自体のデザインや、テンプレートなどを含んだものもあり、ランディングページに適した縦長スタイルのページも用意されている場合があります。テンプレートを活用することで時間短縮にもなりますし、コンテンツ内容に集中することができるので、気に入ったデザインがあればあとはひたすら書くことに専念できます。

;ランディングページの作成において、素材集などの画像データなどを使いすぎると、ページにまとまりがなくなり、乱雑な印象を受ける可能性があります。同じようにランディングページ内には、ソーシャルメディア用のボタンなどは設置せずに、購入や登録ボタンだけにするほうが成約という面で考えた場合、影響が少ないかもしれません。ページ内にリンクをつけたり成約につながらないボタンをつけることで、閲覧者に無駄な要求をしているというとらわれ方をされたり、単に離脱の理由を与えるだけになってしまいます。ランディングページには閲覧者の興味を引く内容がまとめられていて、さらに読みやすく画像やボタンの配置までも考えて作る必要があります。シンプルなサイトもよいですが、競合した場合、見た目の印象も大事な特徴のひとつになります。