ランディングページとsolのようなアプリ

ネット上の不要な広告が消える有料アプリにsolがあります。solは現在は「広告ブロッカー」という名称でiPhoneやiPad系列で現在も販売中のアプリです。このアプリはSafari上で広告をブロックして通信速度を上げます。近年ではSafari自体でもポップアップ広告をブロックする仕様になっておりsolと合わせることで快適な速度でネットを楽しむことができます。広告ブロッカー以外も有料無料と様々なものが出ているのが特徴です。とは言えAppleとしてはランディングページを展開をしているので人気の高い広告ブロックアプリの開発者がアップデートを却下されることも起こっています。

ランディングページにとってその入り口になるリスティング広告をブロックされるのは問題です。しかし広告除去ソフトではお金を支払うことで控えめな広告を掲載するものもあり利用者が苦い思いをしてるものもあります。またニューヨーク・タイムズが広告をブロックしているユーザーにコンテンツを非表示にする機能を導入といったような方法を取る企業も出現しています。日本でも「Adblock Plus」「uBlock」「Crystal」のような広告ブロックツールで広告を表示にしている訪問者に警告を表示しコンテンツを見えなく(見えづらくする)設定ができるWordpressプラグインが作られているので日本語で設定可能で便利なプラグインです。またブロックしている数をカウントしているので広告ブロックユーザー割合の把握できるのがポイントです。

今話題のホームページと代行としてアマチュアでやりがちの購入のためなのに他のリンクがあるランディングページや同じリンク先を複数登録して審査に落ちるといった点があります。数が多くても全てのランディングページがコピーは審査に落ちます。GoogleAdWordsの審査を上げると複数のサイトリンクのリンク先として同じランディング ページやコンテンツを割り当てる事は許可しないと定義されています。同じランディング ページや同じコンテンツをリンク先とするサイトリンクにすることも許可されないとしています。GoogleAdWordsとしてリンク先のコンテンツが他と異なると判断されるようにすることが大事な要素です。類似品のページを作る目安としてそのページのコンテンツの約 80% が他のどこにもない独自コンテンツであることが必要です。